jakataのできごと、スタッフあれこれ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< SYNCHRO 018 DJ KENSEI × BACKYARD (9dw+DJ DUCT) | main | SYNCHRO パーティー・レポート >>
"SYNCHRO"パーティー・レポート& A.MOCHI来静!!

 先週末の"SYNCHRO"に遊びに来ていただいた皆様、ありがといございました!
JAKATAではなかなか見れないコアなメンツが揃いましたね。

オープニングは"JOINT FOUR"で長年シーンを盛り上げてきたDJ NORI。
最初ということでお客さんこそ少なかったけれど、彼の独特の世界観を堪能できました。
またいつかJAKATAで共演したいDJですね。

お次は若手の中でも断トツで安定感のあるDJ NOBEくん。
MASSIVE RECORD時代から毎日のようにレコードを買いに来てくれた彼、
今回もヒップホップを絡めた独自の連曲でお客さんをガッチリ躍らせてました。

徐々にお客さんも入り始めた頃にSUGAR CRUのゴマくんのライブ・スタート!
20年近い付き合いになるんだけど、今でも自分のスタイルを貫き通すMCは流石の一言です。
静岡にあった小さなクラブ、BAR No.3で遊んでた頃を思い出してしまいました。
長年シーンで活躍している人を見るとやる気も出てきますね。
もちろんライブも相当良かったです!

その後は自分もすっかり酔ってしまったんだけど・・・
いよいよSHUN SHUNの出番。
やっぱりいいですね〜、SHUN SHUN独自の世界観はいつ聴いても刺激になります。

で、今回のゲスト・ライブ"BACKYARD"が登場!
JAKATAのブースが機材でえらいことに。

DUCT氏の絶妙なエフェクト&スクラッチ、そして9dw氏のトラックが本当にかっこ良かったです。
まだまだ静岡では知られていませんが、今後要注目のユニットですよ。

最後はDJ KENSEIくん。
もうね、何も言うことはないです。
お客さんが早く帰ってしまったのが残念だったけど、一切手を抜かずに最後まで最高のDJを見せてくれました。
個人的もホント勉強になりました。

いつも受付を頑張ってくれるエリちゃん、そしてスタッフ&出演者の皆さんに感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週末はこちらのパーティーが開催です!!
ゲストは3回目の来静となるA.MOCHI!
静岡DJ/VJ陣&LIVEも楽しみにしていてください!!

"SYNCHRO 019"
SPECIAL GUEST LIVE : A.MOCHI(Figure)
LIVE : SERi(SPIRALTONE)
DJ : AONO(WHOLE THE WHOLE) / ta-chi(TECHNOTRAIN from.Hamamatsu) / SHIGe(NIZI) / KATSU(SYNCHRO/JAKATA)
VJ : ASUKA ITO


DATE : 2012.06.23(SAT)
OPEN : 23:30
CHARGE : DOOR ONLY2500yen(1D)
 

A. Mochi (Figure)
東京を拠点にライブアクトやDJとして活動する日本人テクノ・プロデューサー。
そして世界最高のクラブと称されるBerghain(ベルクハイン)のレジデントDJ、Len Fakiのレーベル「Figure」の中心アーティストの一人として多数の作品をリリースしている。
Luke Slaterのレーベル「Mote-Evolver」から12インチデビューし、「Hardsignal」「Tremors」「Kumo」やFrancois K.の「WaveTec」などのレーベルからコンスタントに12インチのリリースを重ねる。2008年にLen Fakiのレーベル「Figure」からリリースした「Battry EP」が話題となり、翌年にFigureからリリースした「Black Out EP」はワールドワイドで好セールスを記録。同年、Sven Vathの「Cocoon Recordings」からLen Fakiのヒット曲"Death By House"のリミックスを手掛けリリースしている。2010年にはファーストアルバム「Primordial-Soup」をFigure(日本盤CDはMusicMine)からリリースし国内外で高い評価を得る。翌2011年にはSystem7のリミキサーとしてCarl Craigと共に起用されるなどし、ホームレーベルである「Figure」を中心にその快進撃は続いている。リミックス音源も多く、Cocoon、A-Waveの他にもDubfire (Deep Dish)のレーベル「SCI+TEC」や「Figure」「Craft Music」「Trapez」からも彼のリミックス音源がリリースされており、オリジナルも含め、これまでに20枚を超える12インチをリリースしている。他にもChris Liebingのレーベル「CLR」のポッドキャストにミックスを提供するなど、常に海外からの高い注目を集めている。
2010年には石野卓球がオーガナイズする「WIRE10」に出演を果たし堂々のパフォーマンスを見せ、初のヨーロッパツアー(ベルリンのBerghain、フランスの「Nordik Impakt Festival」やスイスのチューリッヒ等に出演)を行う。2011年以降も国内はもとよりオランダの「Solar Weekend Festival」やBerghainに2度目の出演をするなど海外での活動も精力的に行っている。
トレードマークでもある力強い重厚なテクノで、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。

http://amochi.jp
http://www.facebook.com/amochiofficial
http://twitter.com/A_Mochi
http://www.residentadvisor.net/dj/a.mochi
 

SERi(SPIRALTONE)
2006年、Asian Dynasty Recordsのコ ンピ『Perfect Strangers "Electronic"』に「Deep Fog」を提 供。以後国内外のレーベルから数多く のリリースをしている。 2009年、Elektrax Recordingより 『Lunar EP』をリリース。タイトルト ラックはLuke Slaterのbeatportチャー トにピックアップされる。 2010年、Plus Records主催のShin Nishimura、Dr. Shingoリミックスコ ンペに連続入賞し注目を集める。 2011年、HypnoticRoomから『Dawn EP』をリリース。beatportのTechno チャートにてTop100入りを果たす。 またwhatpeopleplayではテクノ、ミ ニマルチャートにてそれぞれ1位を記 録した。 その後Slap Jaxxからリリースされた 『Monotone』はTim Xavier、Laurent Garnier、Slam、The Advent等から多 数のサポートを受ける。 またM.Fukudaとのユニット SPIRALTONEとしても精力的にリリー ス、ライブを行なう。石野卓球、Ken Ishii、Hiroshi Watanabe、 Sugiurumn、Shin Nishimura、A. Mochi等のフロントアクトを務めてい る。 今年5月に満を持して1stアルバム 『Time and Space』をリリース。過去の代表曲に新作を加え、ディープな テクノからミニマル、メランコリック なハウスまで網羅したキャリアの集大成的な作品となる。 Hiroshi Watanabe、Shin Nishimura、 M. Fukudaによる豪華リミックスも収 録し注目を集める。
amazon:http://www.amazon.co.jp/ TIME-AND-SPACE-SERI/dp/ B007I0F8V6
beatport:http://www.beatport.com/ artist/seri/34397
techno theory:http://techno-theory. jp/sound_design/producers-voice/ 829/

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jakata.jugem.jp/trackback/98
TRACKBACK