jakataのできごと、スタッフあれこれ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< SLIP OUT 15th Anniversary | main | JAKATA presents DEEP SPACE JAPAN TOUR 2012 >>
Beroshima出演!SYNCHRO New Year Special @JAKATA

今週末はBeroshima先生が来静です。
何年前になるのか・・・清水のドリプラで開催した野外イベント、"AERO SONIC"の前夜祭でお呼びしたのが第一回目。
メタモのマユリさんとBOOM BOOM BASHでプレイしてくれたのも懐かしいです。
静岡でのプレイは3回目。しかも今回は静岡での初ライブ!
長年クラブシーンを盛り上げてきた静岡DJ陣も期待してくださいね。
正月も半ば過ぎてお酒疲れしていると思いますが、是非現場で体感してください!

SYNCHRO New Year Special
SPECIAL GUEST LIVE : Frank Muller a.k.a Beroshima
DJ : TURU / AONO / MATSURI-CO / YAMANTA / KATSU


DATE : 2012.01.14(SAT)
OPEN : 22:00
CHARGE : WITH FLYER:2,500yen(1D) DOOR:3.000yen(1D)
 ■JAKATA
静岡県静岡市葵区呉服町2-6-1 GDSワシントンビル3F
TEL: 054-260-4212 / E-MAIL: info@jakata.jp


 【Frank Muller a.k.a Beroshima】
Frank Muller a.k.a Beroshimaは90年代初頭からのエレクトロニックミュージックシーンのパイオニアである。
音楽に目覚めたのは13歳の時、初めてのDJセットを完成させた頃である。その後のニューウェイヴシーンで名を広める様になった頃にベルリンの壁が崩壊。
当時住んでいたオランダよりテクノのCPUとも呼べるベルリンに移ると同時にBeroshimaを結成。96年には当時学生だったUlrich Schnaussも加わる。
斬新で、アシッドを漂わせる電子音にたちまち多くの人が魅了される様になり、上質のテクノのライブアクトができるアーティストとして認知される様になる。
彼の半身とも呼べるMULLER RECORDSを立ち上げ今に至るまで良質のテクノを出す老舗プラットフォームを築き上げる。

”BEROSHIMA”のユニークな名前は瞬く間に世界に広がる様になる。
電子音楽というコンパスに導かれる様に、翌年からヨーロッパ全土はもとより、南米、アメリカ、アジアを何度も往復する生活が始まる。
フロアヒットも量産し"Deebeefunky" "We who are oppressed" and "electronic discussion"等、各国の音楽誌に取り上げられるなど、トラックメイカーとして確固たる地位を築く。

傍らMAYDAY(ドイツの国内最大屋内レイヴ)やWIRE(日本においての屋内最大レイヴ)において10回以上の出演回数をこなしている他、ベルリンにいる時期を決め、自らが前座やクローズをつとめ、”自分が遊びにいきたくなる”をコンセプトに1500人規模のパーティ"WE LOVE NEON"を運営し、オーガナイザーとしても力を発揮した。

誰もが一度は耳にした事があるであろう”HORIZON" (cocoon/MULLER/soma)は2007年のイビザNo.1ヒットになり、また Cocoonにおいても最多のセールスを記録した。Francois K., Danny Howells, Sven Vath, Funk D'voidのMIX CDにコンパイルされ、Nic Fanciulli, Sasha, James Zabiela, Technasia,Miss.Kittinのプレイリスト入りもする。

テクノアーティストとしてのプロファイルを着実に積みあげてきたように見えるフランクだが、 本人の意図せぬところから2008年にリリースした”MOONRAKER”は2008年のベストハウスプロダクションに選出される(MIX MAG UK)。又ベルリンフィルハーモニーの映画製作においてのサウンドトラック製作に手腕をふるいレッドカーペットに登場するなど、映画音楽の制作も新しいフィールドとして頭角をみせている。

2011年6月に自身4作目となるフルアルバム ?Polyphonication“ を完成させる。
すでにエレクトロニカシーンの奇才として多忙を極めるUlrichと共に満を持して世に出された作品は不況と言われている昨今3週間でソールドアウトという快挙を見せる。

現在の動向はKirk Degiorgio, FunkDvoid,Ken Ishi, Tigerskinとお互いのリミックスワークを提供したり、来年出航予定である新レーベルMAD MUSICIANの準備をしている。と同時にMULLER RECORDSは次の若手HAWKINSONアルバムを出して、18年間の歴史にピリオドを打つ予定である。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jakata.jugem.jp/trackback/95
TRACKBACK