jakataのできごと、スタッフあれこれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 10/5(Sat) Plus10th Anniversary - 10 Years of Vinyl release party | main | JAKATA Live Series Vol.2 "CHROMA" >>
"SYNCHRO" Yone-Ko & dj masda Tour 2013
今回のSYNCROは、今やヨーロッパを中心に世界的な広がりをみせる現在のテクノ/ミニマルハウスのシーンの3組のアーティストが登場する。

代官山Unit/Saloonで開催されているCabaretは国内で最もファンから信頼されているテクノ/ミニマルハウスのpartyであり、圧倒的なスキルとグルーヴをもってこのpartyに2011年まで在籍し活動の拠点をベルリンに移したyone-ko。現在のダンスミュージック総本山とも言える彼の地でもその実力を示し続けている。 そしてその盟友であるdj masdaはその後のCabaretを続けながら、独自のスタイルを追及。国内の様々な現場でのギグを通じて更にそのセンスに磨きをかけ、自らも今夏ヨーロッパツアーを敢行、高い評価を得た。現在彼が主催するCabaret RecordingsからはCabaretの創始者であるso inagawaのvinlyがリリースされ、トップDJ達の最新チャートにそのタイトルを見ることができる。

実はこのyone-koとdj masdaは静岡で出会い、現在までお互いを高めあってきた盟友である。

そしてLiveアクトを務めるKatsuhikoは札幌出身、現在はベルリン在住のアーティストである。自身のレーベルであるYou recordからリリースされた楽曲は、的確なバランスで配置されたイーブンキックを基盤とし、そこに加わる音が有機的な組み合わされることで、その綿密に計算された音楽はダンスミュージックとしての機能を最大限に発揮する。

前置が長くなり過ぎたが、要はこの3人の音楽、作り出す「グルーヴ」は「間違いない」ということだ。 あなたがフロアにいて、彼らのグルーヴを体感すれば、テクノが好きだろうがハウスだろうが、たぶんロックンロールが好きだろうとも体が勝手に動き出し、リズムに身を委ねてしまうだろう。

そしてローカルDJとして静岡Rajisahnで開催されいる人気テクノparty、DogossGiarよりysk、cos、maaboが参加。彼らもまた、長年の経験に裏付けられたグルーヴを披露してくれるだろう。

更にベルリンよりカラーセラピストのユカセラ、インスタレーションのRYOTAが最高の演出をしてくれるでしょう。

今回のSYNCHROは是非、すべての静岡だけでなく、その近隣に住むすべてのダンスミュージックを愛する人々に体感してもらいたい。音楽好きが心からpartyを楽しめるとき、そこには難しい音楽の知識も解釈も必要なく、ただ安心して身を預けられるグルーヴと少しの(?)お酒があればいい、のだから。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jakata.jugem.jp/trackback/117
TRACKBACK